老人ホーム入居で注意が必要になる入居一時金の扱い

老人ホームへの入居では十分な情報を入手した上で判断をすることが大切です。
中でも入居一時金はトラブルになるケースも多く、よく理解をしておく必要があります。
老人ホームにはサービス内容によって複数の種類があり、多くが初期費用にあたる入居一時金を定めています。
特に種類の1つとなる介護付や自立・混合型、住宅型などの有料老人ホームは高額な入居一時金を設けているところもあり、1億円を越える施設もあります。
まず、理解しておきたいのは、入居一時金は施設を終身利用する権利を得るための費用であることです。
つまり、入居後には他に、月額使用料と雑費が必要になります。
入居一時金がトラブルになりやすいのは保証金の1つとして理解してしまうことがあり、実際、退去時には返却が行われると考えている人も多くいます。
問題となるのは減価償却が行われることがあり、施設によって初期償却や償却期間、償却方法に違いがあります。
ここでの内容によって、例えば退却時の返却額が異なることになり、早い段階から高い割合で償却が行われた場合には返却額が大きく減少することになります。